開発環境(Xcode)をインストールする

対象OS

Mac OS X 10.4 (Tiger)
Mac OS X 10.5 (Leopard)

はじめに

ここでは、アプリケーションをソースからコンパイルする際などに必要な開発環境をインストールする。また、UNIX アプリケーションの実行の際に必要になることの多い X11 もインストールする。




インストール

Xcode Tools のインストール

Leopard の場合

Leopard DVD

  1. Mac OS X のインストールディスクを Mac のドライブにセットする。
  2. すると左の画面が現れるので、その中にある Optional Installs のフォルダを開く。


Xcodeフォルダ

  1. その中にある、XcodeTools フォルダをダブルクリックして開く。


Xcodeフォルダ内

  1. その中にある、XcodeTools.mpkg をダブルクリックして起動する。
  2. あとは、インストーラーに従ってインストールを進めていく。Tiger の項で述べたようなカスタムインストールにて項目を選択する必要はない。
  3. インストールが終了したら X11 のインストールに進もう。


Tiger の場合

Tiger DVD

  1. Mac OS X のインストールディスクを Mac のドライブにセットする。
  2. すると左の画面が現れるので、その中にある Xcode Tools のフォルダを開く。


Xcodeフォルダ

  1. その中にある、XcodeTools.mpkg をダブルクリックして起動する。


Xcodeインストール画面

  1. カスタムインストールにて、左のように
    • Mac OS X 10.3.9 SDK
    • Mac OS X 10.4 SDK

    の両方にチェックが入っていることを確認しよう。

あとはインストーラーに従って進めていけば Xcode Tools のインストールは完了。

X11 のインストール

Leopard の場合

Leopard DVD

  1. OS X インストールディスクのトップのフォルダに戻る。
  2. その中にある Optional Installs のフォルダを開く。

Xcodeフォルダ

  1. その中にある、Optional Installs.mpkg をダブルクリックしてインストーラーを起動する。


オプションインストール

  1. インストールのカスタム設定にて、X11 にチェックを入れてインストールする。(Leopard インストール時に設定できるので、すでにインストールしている人は再インストールの必要はない)

Tiger の場合

Tigerインストールディスク

  1. OS X インストールディスクのトップのフォルダに戻る。
  2. Optional Installs をダブルクリックして実行する。(先ほどインストールした Xcode Tools フォルダの下側にある)

X11を選択

  1. カスタムインストールにて、左のように
    • X11

    にチェックが入っていることを確認しよう。

後はインストーラーに従って進めていけば X11 のインストールは完了。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です