MacPortsを利用する

対象OS

Mac OS X 10.3 (Panther)
Mac OS X 10.4 (Tiger, PPC/Intel Mac 両機種での対応を確認)
Mac OS X 10.5 (Leopard)

はじめに

Mac OS のコア部分には Darwin が使われている。これはいわずと知れた UNIX をベースにしたシステム。そのため UNIX の豊富なソフトウェア資産が使えるが、一口に UNIX といってもそれぞれのプラットフォームごとに細かな違いがある。そのため、ほとんどの場合、それら UNIX ソフトウェアを Mac にて使用するには修正が必要になる。(別にこれは Mac に限ったことではないけれども。)このように個々のプラットフォームにソフトウェアを修正することを「ポーティング」と言う。Mac にもいくつかのポーティングプロジェクトが存在する。ここでは、Mac の代表的なポーティングプロジェクトである MacPorts (従来名: Darwinports) のインストール・利用方法を紹介する。

インストール

Xcode のインストール

まず Xcode をインストールしておく。インストール方法は下記のリンクを参照のこと。

port のインストール

port のダウンロード

※”port” とは、MacPorts を利用する際に使用するコマンドのこと。

downloadをクリック

  1. 下記リンクをクリックして、MacPorts のサイトに行く。
  2. すると左のサイトが表示されるので、赤枠で囲った Download をクリックする。


tar.bz2をクリック

  1. 赤で囲んだ部分をクリックして MacPorts のソースをダウンロードする。
  2. ダウンロードの後、自動的に解凍される。(ブラウザの設定によっては自動解凍されない。その場合はダブルクリックで解凍しておく)





port のコンパイル

先ほどダウンロードしたアーカイブファイルを使って、下記の手順でコンパイルを行う。

# cd ~/Downloads/MacPorts-1.6.0
	... ファイルの場所やファイル名は適宜自分の環境に合わせて
# ./configure
# make
# make install

port への path 設定

# vi /etc/bashrc

-- 下記の内容を bashrc 内に記述する
PATH=${PATH}:/opt/local/bin ... すでに PATH が定義されている場合、この行はその定義よりも下に書く

man path 設定

これは OS X 10.4 以前では必要ないのでその場合はここをクリックしてスキップ。

# vi /etc/manpaths

-- 下記の内容をファイルの一番下などに記述する
/opt/local/man ... すでに記述してある場合は不要

使い方


ポートリストのアップデート

MacPorts にて利用できるアプリケーションリストを最新にするには下記のコマンドを入れる。

# port -d selfupdate

パッケージのサーチ

あるアプリケーションパッケージが MacPorts に用意されているかを調べるには下記のようにする。

$ port search [パッケージ名]

パッケージをインストールする

アプリケーションパッケージをインストールするには、下記のようにする。

# port install [パッケージ名]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です